Ni-YANGインタビュー

Muzonoのアルバム【Gateway】に3曲参加しているNi-YANG氏は極めてオリジナリティの高いデリバリーとワードチョイスを持つカリスマMC

アングラMC達からのリスペクトを得る一方、ラジオ高崎で放送中の人気番組『ニーヤンの起きあがりコボシのメインパーソナリティとしても活躍中。

今回はユーモラスで知性溢れるNi-YANG氏を招き、Gatewayへの参加を中心にあれこれお話を伺ってみた。

niyang-1

1 今回feat参加に至った経緯を教えてください

初めてMUZONO君と出会ったのは2008年のMichitaさんのCDのリリースの時かな?もしくはHisomi-TNPのアルバム発売の時かな?昔から知っているような感覚なので、いつ初めて出会ったか忘れてしまいました。すみません。。。

今回の『GATEWAY』では3曲入れさせてもらってますが、MUZONO君の音を聞いて直ぐにイメージが湧いてきて『これだ!』と頭に湧いてきたイメージを詩にしました。今回の3曲は長い歳月をかけてのリリースとなります。「どっちかがアルバム作る時は早くリリースした方のアルバムに入れようね」って約束してました。

詳しくはブログを見てみて下さい。

http://omisoshiru.com/post/97187714737/gateway-muzono

 

 

2 Ni-YANGさんにとってmuzonoはどんなビートメーカーですか?

イメージを素直に音に表現できる人だと思います。詩を書く時に、私は頭の中で景色や匂い、感情を音から読み取り、自分勝手に脳内で処理をしてから書き始めるのですが、MUZONO君が奏でる音から読み取れる世界は『優しさ』とか『悲しさ』『嬉しさ』といった人間が持つ『心』の部分を大切にしているのが見え隠れします。

3 曲のタイトル「冬なのに根っこは」「夕暮れジョナサン」「ゆらり」はそれぞれどんな意味が込められているのでしょうか?

 

私は聞く人によって曲の景色が変わる事を重要視してますが、今回の3曲は結構ストレートに詩を書きました。メッセージといった部分が強く表現されているかもしれません。

『冬なのに根っこは』
現実とロールプレイングゲームの主人公をミックスした世界です。

『夕暮れジョナサン』
ストレートに子供への愛をイメージしました。

『ゆらり』
曲を聞く為の準備と草原とShinya-Cunelのライフをミックスしました。

[Gateway Trailer Video]

 

4 今後の活動予定について教えてください。

1999年にフィラデルフィアにてレコードをリリースしたのですが、皆で暑い部屋の中で氷を頬張りながら作成した曲達。。。つまり青春。2014年現在、未だにその時の感動を忘れられずにいます。ですので、今年か来年に4曲入りくらいの12inchを出したいと考えています。けれども、私はキリコの曲のような『評価されない音楽家』ですので、静かにリリースを企んでおります。もしくは、「曲を聴きたい」と言ってくれた人にだけ渡すレコードになるかもしれません。

niyang-2

5 ヒップホップ以外で最近のマイブームがあったら教えてください。

娘と一緒に空手を始めました。剛柔流って流派です。これは私の勝手な解釈で申し訳ないですが、剛柔流空手って強さと優しさの両方を持っていないと良い選手にはなれないんです。相手を傷つけるだけならば簡単です。誰にでも出来ます。が、相手を傷つけないように相手を倒すのです。武道ってのは奥が深いです。

6 ラップを始めた時期、きっかけを教えて下さい。

私がラップを始めた時期は18才の頃、田舎から都会に引っ越した時ですね。ちょうどブッダブランドがファーストアルバムをドロップした時代でした。その頃に人知れずGOLGO 14っていうラッパーがいたのですが、彼に魅了されてラップを始めました。GOLGO 14はその後、渡米してアメリカにてラップをしてました。Shing02さんがカリフォルニアにて活動されてて、ちょうど『Perl Harbor』をリリースされた時期でした。

それから、私はなぜか『人知れず』とか『知る人ぞ、知る』とか『アーティストが憧れるラッパー』とかになりたくなりました。派手な振る舞いは元々苦手ですので、、、

niyang-4

ブッキング等は http://www.rtrec.com/

“Gateway” by Muzono
Meiso and Muzono、Lionz Of ZionまたはChelookとしても活躍するビートメイカーMuzonoが各地のラッパーとの共同制作楽曲を集め、自身初となるラップアルバムをリリース!成熟したリリックとシンプルなビートが心地良い珠玉の1枚!

購入はこちらから:Amazon
muzono gateway jacket

TRACK LIST :
1. ゆらり feat. Ni-YANG and Shinya Cunel
2. Park Slope Moms feat. Yungoh
3. 冬なのに根っこは feat. Ni-YANG
4. Soul Inventor feat. E13
5. ストロボ心電図 feat. Meiso
6. 2020 feat. Hisomi-TNP
7. Heaven feat. Yungoh
8. 夕暮れジョナサン feat. Ni-YANG

Meiso and Muzono / Sunshine and Coconut Water

今夏マストのヒップホップ決定盤!

夏の日差し、休日ドライブ、BBQ&ハイボール.. 2014夏極楽盤!心地よい夏の気だるさ、マイルドなアッパー感、全編チル&リラックスな空気感漂う、これから
の季節にピッタリな大人の遊び心溢れる1枚。お出かけのお供からディープリスニングまで対応可能な中毒性の高いオールタイムフェイバリットアルバム!

購入はこちら
Amazon http://goo.gl/Po2e4h
Wenod(T-shirt set) http://www.wenod.com/?pid=73296663

Official Trailer

アーティスト:Meiso and Muzono
タイトル:Sunshine and Coconut Water
発売日:2014年5月28日
価格:2,100円+税
レーベル : Meditative Records

 

TRACK LIST :
01.Sunrise to Sunset(Intro)
02.Call in Sick
03.Highball
04.デドリマ
05.Mr.マリック
06.Alive
07.Coffee Breaks
08.Simple
09.クリームソーダ
10.ホワイトノイズ
11.Floating Coconut(Outro)

Meiso(めいそう) PROFILE :
2003年、ハワイから一時帰国した際にエントリーしたB-Boy-ParkのMCバトルで優勝。坂本龍一やShig02のSTOP ROKKASHOプロジェクトでは「無知の知」にラップで参加。2009年には1stアルバム「夜の盗賊」を発表、卓越したラップの技術と独特の雰囲気を持つ詩世界で高い評価を得る。
その後もKaigen21Meiso、Lionz Of Zionでのリリース、他アーティストのアルバム作品等に参加。2013年春、2ndアルバム「イテツクアカツキ」を発表を期に活動拠点をハワイから東京に移しMuzonoとのコラボプロジェクト「ALIVE」を発表。3月に国内では久々となる京都でのライブを終え、次作アルバムリリース予定の五月には渋谷 R lounge でのライブが決定。 都外でのライブも調整中。

Muzono PROFILE :
Meiso、E13とのLionz Of Zionでの楽曲の他に、Meisoのソロ楽曲では「パンチドランク」「雨の根 雨乞い編」等をプロデュース。skatebord関連のDVDやRapmaniacのアルバムへのskit提供に加え、FushimingとのユニットCHELOOKでは「SHIFT」をリリース。meiso and muzonoでのアルバムリリース後にはソロアルバムのリリースを予定。

Meditative Records
Facebook : https://www.facebook.com/mdtrcd
Twitter : https://twitter.com/MeditativeRec

MEISO
Twitter : https://twitter.com/MEISO_

Booking Info: meditative777@gmail.com